【長期投資】投資の買い増しのタイミングはいつがいい?

長期投資のタイミング投資

投資を始めたけれど,いつが買い増しのタイミングかわからない.

なるべく株価が低いタイミングで買いたいけれど,いつ安くなるのかわからない.だから投資がなかなか始められない.

投資を始めると出てくる悩みの1つとして『買い増しのタイミング』があります.今回はこのタイミングについて私なりに考えていることを書いていきます.ただこれは2022年4月の段階で思っていることで,今後の余剰資金や相場の流れによっては変更することもありますのでご了承ください.

日本株,米国株の高配当株投資を主に行っている医師が解説します.

スポンサーリンク

【長期投資】投資の買い増しのタイミングはいつがいい?

投資のタイミングを見極める

買いまわしたいけれど,なかなか暴落の場面ってこないよなー.投資よりも貯金が増えていく感じになっている.

このように感じている人もいるのではないでしょうか?世界は本当に自分の思う様に動いてはくれません.暴落で買い増す=最終的には株価が上昇すると考えている=長期投資が前提,ということになりますから,長期目線の買い増しタイミングを考えてみます.

まず大前提:暴落のタイミングは読めない.

いろんな指標やデータを活用しても,ぴたりと暴落日を当てることは不可能です.

これはすごく当然なことです.ただどうしても暴落が来たら買い増すなどと雑念があるのが人間です.この事実をあらためて知っておきましょう.

株価の暴落というのは,リアルタイムでは決められません.つまり暴落は未来から過去の株価を見て,あの日が暴落のタイミングだったと結論づけるということです.そして,いろんな人がその過去のデータと向き合い,取り込み,次の暴落がいつなのかを分析するわけです.

つまり暴落の局面でいわゆる『底値』で買いますなんてことは不可能です.そして暴落を待ち続けて,買い増すことができず,投資資金が【現金】ばかりになる.こうなっている場合は要注意です.

買い増しのタイミングが正解だったかは,それより株価が上がれば正解,下がれば不正解

買い増しのタイミングの正解は,上記が答えになると思います.つまり,はっきり言ってわからないということになります.

ただ時間軸によっては,不正解だった買い増しが正解に変わったり,正解だった買い増しが不正解になることもあり得るということです.

つまり買い増したタイミングから1年後は株価が下落し,不正解だったとしても,10年後には株価が上昇しており,正解だった.こんな可能性も十分にありえます.

それよりも投資資金を増やせずに,現金ばかりになってしまい,配当金をもらえない,配当金再投資できない,こういったケースがもっともな不正解になると考えます.

余剰資金の買い増しのタイミング①:次の配当金が入る前までに購入する.

もらえる配当金を最大化させ,将来の資金を増加させるには最も手っ取り早い投資法だと考えます.

ただ頭の中では10年,20年後の資金と考えていても,目先で損をしてしまうのはどうしてもいやな気持になります.この買い増しがお勧めできるのは,目先の株価がマイナスであろうとも,メンタル的に動揺しない,そんな方に向いていると考えます.

余剰資金の買い増しのタイミング②:定期購入に上乗せする.

長期投資として,積立投資でドルコスト平均法を採用している場合に提案できる投資タイミングです.

今年は頑張って貯金増やせたから,余剰投資資金として回せそう.手元に50万円余分にあるからこれをどう回せばいいか.一括購入は怖いしなー.

このように一括購入は怖い,と感じている場合でも非常にお勧めできる投資タイミングです.

例えば積立で毎月5万円積み立てているとします.そこに余剰資金60万円あるとすれば,1年で考えると1か月あたり5万円余分に積み立てることが可能です.この場合,毎月10万円の積立投資にしてしまうのです.こうすることで,少しは時間的分散にもなり,株価の分散にもなります.

買い増しタイミング①よりはもらえる配当金が減りますが,株価の平均価格は下がるかもしれません.

余剰資金の買い増しのタイミング③:余剰資金ができたタイミングで購入

これは余剰資金として忘れないために行う投資です.投資するタイミングを計るあまりいつの間にか,現金として眠ってしまった.

いつの間にか現金で眠ってしまった.これは先ほど説明したように,配当金が全く入ってきませんのでできる限り避けたい状況です.

この状況を避ける最善策は,この買い増しタイミング③の余剰資金ができた瞬間にぶっこむということです.とにかく,貯金出来たら投資に回す,投資に回す,ということで,実は最も効率がいいのかもしれないとも思えます.ただ結果は誰にもわかりませんので注意する必要もあります.

私の投資の買い増しのタイミング.

現状はこの3つをいろいろ試しています.

①配当金が入る前に,この株価になったら購入すると指値で指定しておく.②積み立て投資を増やしてみる.③余剰資金が入ったら成行で注文購入する.

こういったことを繰り返しながら,どの投資が心地よいかを現状は探っています.

ただ仕事が忙しかったり,家庭が忙しかったりで忘れてしまうこともあります.③の購入タイミングが妥当かなとも思いつつあります.

この投資のタイミングは,その買い増したタイミングに生じる事象(=株価が起きるような出来事)によって持つ印象がことなることも注意しなければなりません.つまりその時の『経験則』で物事を図るようになってしまうということです.

そうならないように全ての手法を時間をかけて試すのがいいのですが,そうなると時間を使ってしまい,資産の最大化に時間がかかるように思える.

投資というのは考えれば考えるほど,難しい,そして面白いものですね.

今後も自分自身にとって最適な投資方法をいろいろ試していきたいと考えます.参考になれば幸いです.

具体的な購入銘柄などが見たい方は下記の記事もお勧めです.

コメント

タイトルとURLをコピーしました