外国税10%を取り戻す.外国税額控除~確定申告~

外国税額控除について投資

米国株を持っている方は必須です,外国税額控除は必ず行いましょう.

●米国株にはアメリカと日本の二重に課税がかかってる…
●確定申告したことないから難しそう.
●取り返せると言ってもすこしでしょ.

海外の株,特に米国株にはアメリカ現地で10%, 日本で20.315%の税金が引かれています(二重課税).このうち,日本の税金は取り戻せませんが,アメリカの10%はある程度取り返すことが可能です.

米国株をしている人は確定申告を必ずしましょう.

なお投資信託で,米国株を運用している場合は,証券会社がこの二重課税の問題をやってくれている場合があります.自身の証券会社の『取引報告書』で確認しましょう.

ただ確定申告をしていない人はかなり労力を使うので,頑張りましょう.

スポンサーリンク

外国税10%を取り戻す.外国税額控除~確定申告~

税金を計算する

確定申告の手順

①国税庁のホームページから『確定申告書等の作成はこちら』をクリック

②マイナンバーカード方式(2次元バーコード)➡令和3年の申告書等を作成➡所得税➡マイナポータルと連携せず申告するを選択.

③マイナンバーカードを使用して確定申告画面にログインする.

④『上場株式等に係る配当所得』を選択

⑤ここからは『特定口座年間取引報告書』通りに記入していくだけ.

⑥源泉徴収所の取引が15.315%になっていない,というエラーがでるけれども,当然なのでそのまま進む.

⑦終わったら,税額控除・その他の控除まで進む

⑧外国税額控除の欄を記入する.

⑨外国税額控除の国などを記入していく.
上記の欄:アメリカ➡株式の配当➡所得税➡納付確定日➡納付日
下記の欄:源泉➡令和●月●日~令和●月●日(年間でいいと思います)➡配当金➡外国税
*年4回の配当金が多い米国はその4回分を全て記載する必要あり.1種類の株につき4回なので骨の折れる作業になります.*

⑩調整所得国外金額=米国株の配当金の総額.特定口座年間取引報告書に記載されている.

⑪あとはそのまま進めば,完成!

正確に10%還付されるかは為替や所得税などによって変わるみたいです.

全額は返って来ないかもしれないけれど,ある程度はかえってくるんだな.

この程度の気持ちでいればいいと思います.

確定申告で外国税額控除を行っても最初は小額かもしれない.

これだけ骨が折れる作業をしても,たったの○○円しか還付されないの!?

特に私自身初めての外国税額控除を行ったため,確定申告に非常に時間を要しました.その割に帰ってくる金額は最大で配当金の10%ですから本当に小額です.

年間1万円の配当金をもらっていれば,1,000円です.これだと非常に少なく感じると思います.

ただ投資は今後も行っていくこと,今後も積み立ててさらなる配当金をもらう予定であること,を考えれば確実に還付される金額は増額してきます.

年間10万円になれば,1万円.年間100万円になれば10万円です.

配当金が増えたらやるで生産性や効率性といった面でよさそうだけど?

日本で生活し,投資を継続し,お金持ちになるんだ!と目標があるならば,『確定申告』は必ず通らなければならない道です.

確定申告をスムーズに行えるようになるためにも,自分が汗水たらして働いたお金を取り戻すためにも,『外国税額控除』を行ってみてはいかがでしょうか?

いつか『外国税額控除』だけで,株の買い回しができるようになったり,1か月分の家賃を支払うことができるようになったり,,,とそんな日を夢見てがんばりましょう!

当ブログでは米国高配当株投資についても情報発信しています.興味のある方はどうぞ.

コメント

  1. yuki より:

    こんばんは

    確定申告の期限が近づいてきましたね。きちんと申告しないと重加算税がしんどいです。

    外国株、「英語」この一点で敬遠してます。
    個別株は無理だけど、ETFだったらなんとかなる?と思いつつも。
    医師の皆さんは英語無問題なんですよね。すごい。

    • くちゃんくちゃん より:

      いつもブログを読んでいただきありがとうございます.
      私自身も米国株に投資するまでは,外国税額控除なんぞしりませんでした.
      米国株投資もほとんど日本語で投資可能です.私自身米国株に投資する時に,英語で何かしなければならない,と思ったことはなくほとんど日本語で可能でした.
      決算などをしっかり読み込みたい,リアルタイムのニュースを知りたいとなると話は別かもしれませんが.

タイトルとURLをコピーしました